新年の決心・New Years Resolution

2011/12/26
国によって新年の習慣は違います。日本では、神社とかに行ったり、家を掃除したりしますが、アメリカの習慣はそんなにないです。そうですね、習慣より目標があります。皆の目標は違いますが、人気なのは「痩せたい」ということです。さすが、アメリカ人ですね。実は、11月のサンクスギビングデー(収穫感謝祭)や、クリスマスなどの饗宴のせいで、アメリカ人の腹は真ん丸になります。

もっと若い頃は、そういう目標をたてましたが、もうたてる必要はないと思います。ほとんどの目標は失敗です。私だけではなく、3分の2のアメリカ人もそうです。無理な目標を目指すかあるいは、自分の約束を守らないです。昔の目標は、「昨年よりもっとしっかり勉強したい」ということです。人生はいつも変わっていますし、昨日と明日はずいぶん違いますので、新年の決心なんて出来ないと思います。短い間なら出来そうですが、一年間に何が起こるか分からないでしょう。

もうちょっとはっきりと言えば、どんなに痩せても、毎年の饗宴でまた太りますよね。こういう悪循環は永遠に続きますよね? 無理しないほうがいいと思って、ちょっとずつ自分の目標を目指しましょう!

New Year customs differ from country to country. In Japan, people visit shrines, clean the house and so forth, but in America there are no such custom. Well, rather than a custom Americans have goals. Everyone’s goals are different, but a popular one is “lose weight”. Actually, because of November’s Thanksgiving, Christmas and other days of feast, Americans get round shameful bellies and thus they want to rid of them at the end of the year.

In my younger years, I set such goals, but now there is no need to do so. Most of the goals are impossible to accomplish, not just for myself but, two thirds of Americans cannot accomplish their goals. My old goals were around the lines of “studying more than last year” and such. Life is an ever changing thing, yesterday and tomorrow are completely different, so that is why New Year resolutions aren’t met. Sure, in a short span of time such resolutions are possible but, no one can know what will happen within an entire year.

To be clearer, no matter how weight a person will lose, there will always be that yearly feast setback. Surely this vicious cycle will infinitely repeat itself, right? So there’s no need to push one’s self, just take one step at a time!